債務整理の相談!法律事務所の選び方

債務整理の相談!法律事務所の選び方

houritujimusyo

債務整理とは増えすぎた借金で生活が成り立たなくなった人を法的に救う国の救済処置です。

一番多くの人に知られているのが自己破産ですが、自己破産の申し立てをすることで裁判所から認められると借金が0か、あるいは借金が大幅に減額されて生活の再建の目処が立ちます。

債務整理の種類

自己破産のほかの債務整理には、「任意整理」「個人再生」、そして「過払い金返還請求」の計4つの種類があり、それぞれにメリットもデメリットもあります。

例えば自己破産はたとえ借金が0になっても持家があると手放さなくてはなりません。

そして、持っている資格も制限されて自己破産の裁判の途中の「免責」が決定されるまで就けない職種も出てきます。

家を失うのはどう考えても切ないものです。そのため、自己破産のように持家を失わずにすむ、任意整理の方法を選ぶ人もいます。

そして、すでに返済が終わったローンや、あるいは長い期間返済を続けているローンは利息を払い過ぎている可能性が大きいので「過払い金返還請求」の裁判を起こします。実は、多くの人に知られている過払い金返還請求も債務整理のひとつなのです。

借金で生活の目処が立たなくなった人が法的に救われて債権の道筋をつけることを目的としている債務整理にもメリットもデメリットもあります。法律は難しくて本当に債務整理をした方がいいのかわからないのが現実です。

しかし、債務整理にはその人に応じた債務整理の仕方がありますから、弁護士に相談すると、あなたにとって一番良い債務整理を選んでくれます。

従って自分一人で悩んでいても堂々巡りで答えが出ずに悩んでいるよりも、まずは法律事務所の無料相談で相談してみてください。きっとなにかしらの解決の方法が見つかるはずです。

例えば自己破産の裁判なら、弁護士に依頼すると書類の作成からそして裁判所へ出向いての手続きもすべてやってくれます。

本人がどうしても裁判所へ行かなければならないのは免責審尋のとき1回のみですから心配いりません。

ほとんどの法律事務所では、債務整理の場合は無料で、しかも、何度でも相談に応じています。まずは相談してみることをおススメします。

司法書士と弁護士の違い

債務整理は自分で行うこともできますが、法律に関してのそれなりの知識と理解が必要で、一般の人が行うにはかなりハードルが高いため、司法書士や弁護士に依頼することをおススメします。

特に任意整理は、裁判所を通さずに債権者と交渉するので債務者自身での交渉は無理かと思われます。

従って司法書士や弁護士に依頼するのがおススメですが、司法書士と弁護士には大きな違いがあります。

大きな違いとは、司法書士は依頼者に代わって書類を作成する代理人であり、弁護士は、依頼者の代理人ということです。

従って、司法書士に依頼した時は、司法書士が作成した書類をもって裁判所に届けて続きをするのは債務者本人です。

しかし、だからといって司法書士は書類の作成だけでなく、裁判所に破産申し立てをして免責が決まるまでサポートをします。

一方、弁護士に依頼すると本人の代わりに、裁判所に自己破産や個人の再生の申立てをすることができます。

自己破産の途中など何回か裁判所に出廷しますが、その時、裁判官の質問に弁護士は答えられますが、司法書士は答えることが許されていません。

「審尋」と呼ばれる債務者と裁判官との面談があるときもありますが、審尋には司法書士は同席することができません。

また、裁判所を通さずに債権者と債務者が話し合う任意整理の場合には、1つの債権者の金額が140万円以下の場合は司法書士でも交渉ができることになっていますが、140万円を超えるときは弁護士でなければ交渉できない決まりがあります。

債務整理をするときは上記の司法書士と弁護士の違いを理解して依頼することをおススメします。

債務整理の弁護士費用について

多額の返済に行き詰って生活が成り立たなくなったときに行うのが債務整理です。債務整理をして借金を0にしたりあるいは減額をして楽になりたいと思ってもきになるのが弁護士費用です。

ただでさえ弁護士費用は高いとうイメージがありますが、借金が返せない状態では弁護士に頼めないと諦めてしまいがちですが、弁護士に相談をすると支払を分割にするなど支払いやすくしてくれますのでまずは相談してみてください。高額な利息まで含まれた借金の返済よりも確実に楽になるはずです。

弁護士費用ですが、弁護士費用に相場はないとも言われています。債務整理の種類によっても違ってきますし、もちろん弁護士事務所によっても違ってきますから、いくつかの弁護士事務所に相談をしておおよそどのくらいかかるかも聞いて比較してみることも必要です。

ちなみに、頼まなくても見積書を出してくれる弁護士事務所もありますから、もし出してくれなかったら聞いてみるのもいいですね。

任意整理の場合の弁護士費用の相場は、1社あたり3~5万円程度となっていて、そこに任意整理で減らすことができた借金の10%が加算されます。

自己破産の場合の弁護士費用は、自己破産をする人が処分する財産もない場合は免責までの期間も短く弁護費費用も安くてすみます。

自己破産の申し立てをする人が財産があると、管財事件となり管財人を裁判所が立ててその費用は自己破産者の負担となり、かなりの費用がかかります。

小額管財の場合はけっていまでの期間も短くなるため、処分する財産のない人とほとんど同じような弁護士費用になるようです。

過払い金返還請求の弁護士費用は実際に取り戻せた金額の20%程度が弁護士費用となるようです。

債務整理の弁護士費用はケースによって違ってきますから、まずは弁護士事務所の無料相談で相談してみることをおススメします。

公開日:
最終更新日:2018/09/27